一児の母の、スピリチュアル実践日記

34歳一児の母。引き寄せ・スピリチュアル実践中。

7月10日 昨日の一日

昨日は娘が熱を出して、急遽両親にきてもらう。

もうすぐ3歳の娘と一日中2人きりになるのは、私にはけっこうツラい。

 

言うこときかないし、ワガママばかり言うし、見た目や仕草なんか可愛いけど、こちらは振り回され続けて疲弊…。仕事してる方がよっぽどラク…。

 

でも、なぜかわからないけど、それでも2人目がいたらどんな感じかなぁなんて、甘く妄想してしまったりする。

 

絶対大変なのに、子育て向いてないな、と産んでみてひしひしと思うのに、これはなんなんだろう?  本能の為せる業なのか。

 

それは置いておき。

ギラギラ照りつける太陽にベビーカを押す腕をあぶられながら小児科へ行き、

泣きわめき渾身の力でも押さえきれないほどの力で暴れる2歳児をどうにか診察してもらい、「風邪」という診断を得て帰宅。

 

風邪引いたぐらいで病院に行くなんてこと、自分だったら絶対にしないけど、保育園に通わせている以上説明責任が伴うらしい。

 

途中のセブンイレブンで娘にはりんごジュースを買ってあげ、自分はアイスカフェラテ。

昼ごはんのあとソファでおひるねの娘を置いて、両親に託して近くのスタバで3時間ほど仕事。

夕方帰宅して、夕飯を作って、両親は帰り、少し早めに帰ってきた夫と3人で夕食。

お風呂に入らなかった娘はちょっと汗くさい。

寝かしつけて、寝落ち。