maysayaka835’s blog

33歳一児の母。カフェが大好き。浅見帆帆子さんの本やその時どきに影響を受けたことについて効果など書き綴ったりしています。

魂の咆哮 BUMP OF CHECKEN

f:id:maysayaka835:20180618134927j:plain

 

BUMP OF CHICKENorbital periodを、

数年ぶりに聴く。

 

ああ本当にすごい才能。

聞いているうちに堪らなくなってパソコンをひらいた。

 

この気持ちを誰かと共有したい。

誰かに届けたい。

思いが溢れて、涙が出てくるみたいに、

人は何かを表現してしまうものなんだ、、、

 

驚くのは、

人間にとっての幸せは、

他の人間がいないと成立しないということ。

 

私は1人でパソコンに向かっているけれど、

それは誰かとこの思いを共有したいから。

 

なんだか無茶苦茶だ。

 

でも無茶苦茶でもいいかとにかく、とにかく、とにかく書かなくちゃいけない。

いや、書かなくちゃ居てもたっても居られない、というのが正しいか。

 

歌の上手い人が思わず歌ってしまうように。

赤ちゃんが泣き出すように。

月が昇るように。

 

あたらしい私があたらしい言葉を紡ぐ、

 

なぜこんなことを書くのかわからなくても、

面白くなくても、

求められてなくても、

 

殴られても書きたい、そんな気持ちがわかった。

 

バンプが応援してくれている。

 

藤原基央のこの才能そのものの歌声。

 

この今、今を文章にして写真のように保存したい。

 

歌も写真も全てそうだ。

 

どうしたらいいのかわからない。

 

写真も歌も好きだ。

 

どうしたらいいんだろう。

 

 

わからなくてずっと書けなかった。

 

書けなくてもいいと思っていた。

 

この気持ちの盛り上がりは横でオーディオから流れる音楽に勢いを得ている。

 

なぜだかわからないけどこうなった。

 

こんな文章誰が読むんだ?

 

詩も文章も、

上手い下手がわからない。

 

わからないままでいい、ということにした。

 

 

終わり方すらわからない。