一児の母の、スピリチュアル実践日記

34歳一児の母。引き寄せ・スピリチュアル実践中。

浅見帆帆子さんの本を読んで起こった変化。

今日も寒いけどいい天気。

 

 

 

浅見帆帆子さんの本を読み、不安や心配を持たないことや、

夢や希望をノートに書き出したりと、

空いた時間には少しずつそんなことをしています。

 

 

すると、何が変わったか。

 

まず夫の体調が悪化した(笑)。

 

いや、(笑)じゃないことですが、持病が悪化し、12月はじめ、2週間の入院。

2歳児抱えつつの仕事&家事&病院通い。

退院した! クリスマス! と思ったら、私が胃腸炎でダウン。

腸炎が治ってさあお正月…とおもったら、娘がインフルエンザ。1週間も熱出して、さすがに心配しました。お正月らしいこと、何も出来ず。

インフルエンザが治り、通常営業…し始めたとたん、祖母が危篤で急遽、会いに行き、

会ったことのなかった娘と夫をやっと会わせられ(でももうほとんど意識はなかった)、

ホッとした帰りの道中、亡くなったと報せが入り…。

明日から葬儀。

そして夫の体調はまた不安定に。

 

 

なんて冬だ!!!

 

 

ってなりますね。以前の自分だったら。

でも、浅見さんの本で読んだことを実践し始めたとたん、コレですよ。

今までなかったような変化がどんどん起こってる。

なので、全然不安にはなったりせず、淡々と受け止められています。

夫の持病も、命に関わるものではないし。

 

大きな客船が、向きを少しずつ変えていくように、ズズズ…と、何かが動いているんだ、と思います。

 

夫も、もう本当は一度立ち止まって休んだ方がいい、っていうことなんだろうな。

今まで無理しつつ愚痴を吐きつつ仕事していましたが(休めといってるのに)この冬の体調不良で、さすがに考え直している様子。

 

私には、とりあえずまだ何か目立った変化はなし。

 

これから一体何が起こるか、楽しみにしていようと思います。

 

 f:id:maysayaka835:20180125003937j:image

 

おばあちゃん、ありがとうございました。